猫を飼うと結婚できないってホント?

犬とは違って猫は外に連れて出るペットじゃないし、家で一緒にまったりすれば、「オトコなんて、どうでもいいわー」とものぐさになり、恋を遠ざけてしまう……とか。

はたまた、猫の飼い主に対する独占欲・甘え欲求は群を抜いていて、知らず知らずのうちに心を支配されている……なんていう具合に、猫を飼うことによる恋への影響ってゼロではなさそうです。

とはいえ、「猫を飼うと結婚できない」は言いすぎなんじゃないかと思うんですが、実際にはどうなんでしょうか?

三十路すぎの女性が猫をペットにした場合、どんな作用があるのか。詳しく見ていきたいと思います。

絶対結婚できないわけじゃない!

当然ながら、猫好きアラサー女子だからといって、男性から恋愛対象外に見られるわけではありません。

「猫好き」とプラスアルファによって、非モテになったり、男性を含む多くの人との出逢いと縁遠くなったりします。

それに、単に猫が好きというだけであれば、動物を愛するやさしさがあり、面倒見の良いステキな女性と好感度は高いはず。

猫を好むことは、決してマイナスポイントではありません。

のめりすぎは自爆するかも!?

・猫が好きすぎて(心配で)外出したくなくなる。
・自分を好いてくれる男性が現れても、猫の方が大事と思ってしまう。
・彼氏を家に招いたら猫が嫉妬して、その様子が可愛く感じた。

こんな感覚を抱くようになったら、要注意!

心は猫ちゃんに支配されているか、支配されかかっています。何事もやりすぎはNGですが、猫好きもエスカレートすれば、もちろん悪影響をもたらすでしょう。

結婚できないまではいかないにせよ、危険信号が出ている状態だといえます。

たとえ彼氏がほしいと思っていても、合コンや婚活パーティーで、「猫ちゃん、どうしてるかな?」「早く帰って猫と遊びたい」と無意識のうちに考えてしまうと、表情や口調にも変化があらわれるはず。

男性との会話が面倒くさそうになったり、笑顔がどこかぎこちなくなったりして、白けた雰囲気が漂うのです。

それは、男性の目にやる気のなさとして映りますし、「恋愛対象外」にされる要因にもなります。

恋愛は少なからず、時間と手間がかかりますから、『男性<猫』というスタンスでは、彼氏になってくれる人を探すのは難しいでしょう。

猫重視の自覚がなくても、猫を飼う前に比べると外出が減ったとか、気づけば猫のことを考えているなどという場合、自分が何を最優先するべきかを見失わないことが大事です。

猫がいるから寂しくない、は危険

猫のいる生活って素敵だと思います。

でも「猫ちゃんさえいれば、私は大丈夫。寂しくない」という考えにはなかなか同意できません。

三十路の女性が、結婚したいけど相手もいない……と不安になるとき、猫を理由に婚活を諦めるのは危険です

猫ちゃんは確かに、寂しさを紛らわしてはくれますし、楽しい生活も一緒に送れますが、寿命は人間よりはるかに短く、「伴侶」とはさすがに呼べないのです。旦那さんの代わりには、やっぱりなれないでしょう。

依存するほど猫を溺愛するのは、単なる猫好きとは異なります。「猫を飼っている30代の女性は結婚できない」というのも、納得せざるを得ません。

まとめ

本気で結婚したいと思うなら、中途半端にペットは飼わないほうが良いかもしれません。

人生の伴侶を真剣に選ぼうとする時に、猫ちゃんが妨げになるようでは、飼い主も猫もかわいそうですから。

猫はあくまでお友達であり、彼氏や旦那さんにはならないと思いましょう。

そうすれば、猫を飼っていても、程良い距離を保って依存することもなく、精力的に婚活に励めるはずです。

(沙木貴咲/ライター)

(婚カツ編集部)