結婚できない女子がガチで考え直したほうがいいこと

以前、整骨院の先生が書いた本を読んでいたら「頭で食べる」という表現に出くわしました。

納豆はダイエットにいいから……という理由で、あまり食べたくないけど納豆を食べる……これを「頭で食べる」と先生は言っています。

そういえば、納豆ダイエットって、昔はやったよなあと思ったので、「頭で食べる」というフレーズが印象に残ったわけです。

結婚もおなじで、おそらく「頭で結婚する」という表現ができるでしょう。

相手の条件を値踏みしまくって結婚する……これを「頭で結婚する」と呼んでもいいのかもしれません。

「頭で結婚する」の反対語は、カラダで結婚するということでしょうか?

エッチの相性が合いまくって結婚した……ということではなく、カラダで結婚する。つまり主に計算をはたらかせて結婚するか、心で感じるものがあって結婚するか、ということ。

頭は計算で、カラダは五感と言われるように感じるものだからです。

計算と、心で感じること、ちょうどいい塩梅を

たいていのひとは、計算と、心で感じることの両者をうまく「寄せて」ゆき、ちょうどいい塩梅の彼と結婚するのだろうと思います。

それに、なにも計算づくの結婚が悪いということもない。

人生は長いわけですから、旦那さんにしっかりと稼いできてもらわないと困るとか、両親のめんどうは誰が見るんじゃ?

という、超が3つも4つもつくようなリアルな問題に答えていこうと思えば、計算はできないよりできたほうがいい。著者のように、その日暮らしの仕事をしている場合ではないのです。

心で感じることが不足している

さて、掲題の「ガチで結婚できない女子が考え直したほうがいいこと」ですが、それは心で感じることが不足しているということ。

心のセンサーが鈍っているので、そこをガチでどうにかしたほうがいいのでは? ということです。

結婚したことのある女性に話をお聞きしたとき、わりとよく聞くのは、「結婚したいと思ったときに、結婚しやすい身近な男子と結婚した」というものです。

結婚したい! という渇望は、ひとによってはセックスしたいという渇望に似ているほど、強烈で身体的なものだったりするのでしょう。

あるいは眠たいときに居眠りしてしまうように、自然な生理現象としての渇望なのでしょう。

そういうとても身体的な渇望が湧いてくるまで待っていれば、おそらくだれでも結婚できるのでしょう。現にそういう女性はいっぱいいるのだから。

もっと感じることに敏感に

でも、そこまで待ってもいられないというかたは、もっと「感じる」ことに敏感になってみてはいかがでしょう。

要するに「心のヒダ」が震えるなにかをする。

音楽会に行けば、まずまちがいなく心のヒダは震えます。生の音というのは、理屈抜きにそういうものだからです。

私たちは、なにかを頭で考えながら生きることを、幼いころから暗黙のうちに強制されていますが、それとおなじくらい(あるいはそれ以上)心で感じるということって大切なことです。

「心で感じる」というのがよくわからないかたは、年末恒例の「(ベートーベンの)第九」を聴きに行くといいかと思います。

近所のおっちゃんやおばちゃんと一緒に今を生きている歓び。
学校や会社の仲間と一緒に生きている歓び。
今日1日、小さなステキなことがあった歓び。

そういう、日常にありふれている歓びを表現しているのが「第九」です。

ありふれた日常のなかで心のヒダが震えたとき、きっと結婚できる状態になっていることでしょう。

結婚って、そういうものです。

おわりに

付言するなら、言葉ですべてを語りつくせないことは、すべて「感じたほうがいい」。

結婚という制度は、制度であるがゆえに言語化されきっています。でも、結婚の実態って、言語化できないことがいっぱいあります。
恋愛もおなじです。

そういうことは、すべて「感じる」ところから、その物語が始まるのです。

(ひとみしょう/ライター)

(婚カツ編集部)

Photo by LIN RU 哥 (改変 gatag.net)