朝ごはんに感動!彼女との将来を想像できる瞬間

「また友達が結婚した。いいなー」「早く子供欲しい」などなど、彼の前での『結婚したいアピール』というのは、男子の性格次第では結構重いと感じられてしまうもの。

なので、アピールをしすぎると、それが彼との関係を悪化されることもしばしば。

あと、アピールをしなくとも、男子もふとした瞬間に彼女との将来を想像していたりするんです。

そこで今回は、彼女との将来を想像できる瞬間をご紹介します。

起きたら朝ごはんがあるのは嬉しい!

「ひとり暮らしで朝ごはんを食べる習慣がないから、彼女の家に泊まって朝ごはんが用意されていると感動する。凝ったものでなくても、ご飯があると女子っぽさを感じて、いい奥さんになりそうだなと思います」(30代・証券)

胃袋を掴むのは、あながち間違いではありません。

お泊まりデートは、部屋の中で過ごす時間が長いので、普通の外デートよりも結婚をイメージしやすいです。

変に言葉でアピールせずに、行動で『いい奥さん像』を抱かせるのも手ですよ。

姪の子守が熟れていた

「今の彼女が5歳の姪っ子を預かった際に、俺も一緒に遊んだけど、時には叱りつつ面倒を見ていてすごいなと思った。姪っ子も彼女にすごく懐いていたし。単なる子供好きじゃなくて、子供に好かれる人の方が魅力的ですね」(20代・営業)

「子供かわいいー」と言葉で子供好きなことをアピールするよりも、実際に子供の面倒を見ている姿を見せた方が、彼も将来をイメージしすいです。

単に口で言うより、育てる能力をチラ見せした方が、現実味がありますからね。

人付き合いがうまい

「どこに連れて行っても誰に紹介しても、ちゃんと会話ができて、輪に入れる社交性があると知った時、彼女ならずっと一緒に居られるかも!って思った。

知人に会わせてもずーっとスマホをいじっていたり、俺にべったりで他の人と話そうとしないのはNG……。親や親戚にも紹介できないし、結婚をしてもご近所付き合い、ママ友付き合いは無理だろうなって思ってしまう」(30代・不動産)

いい歳なのに場に合わせられないというのはちょっと問題です。

女子の中には人見知りな人もいるでしょう。しかし、人見知りだからって知らない人が多い飲み会等で、ひたすらスマホいじるのはNG。

苦手だったとしても、ある程度は場に合わせて会話するのがマナーですよ。

ミスを責めるのではなく爆笑してくれた

「彼女は俺のミスを責めるのではなく笑ってくれます。ドライブで道を間違えても、責めることなく『せっかく別の道にきたんだから、どこかに寄ろう』って楽しんでくれて……。こういう瞬間に楽しい生活が想像できる」(30代・IT)

些細なことをいちいち責められたら、一緒の生活なんて考えられません。

最低な嘘とか、故意な嫌がらせは怒ったり責めたりしていいですが、小さなミスは責めるのではなく笑った方が円満に続きますよ。

ふとした瞬間にチラ見せする

彼女に「結婚したい!」と言われる前に、彼氏の方が先に将来をイメージしていることもあります。

結婚したいアピールは打算的というか『プロポーズしてよ!』と要求されているみたいで、重く感じたりするんです。

日常で将来を想像できるような姿を見せれば、言葉でアピールしなくとも、彼も将来を明るく考えたりしますよ。

(美佳/ライター)

(婚カツ編集部)