やり直して大丈夫?元カレから「復縁を迫られた」ときの対処法

元彼から「よりを戻したい」と復縁を迫られたとき、本当に信じていいのか不安になりますよね。

でも、一度は好きになった人だからこそ、信じたい気持ちも出てくるでしょう。

そこで今回は、元彼から復縁を迫られたときの本気度をはかるための方法を3つご紹介します。

すぐ結論は出さずにしばらく泳がせてみる

「元彼に未練はあったけど、一度別れた関係なんだからやっぱり上手くいかないんじゃないかと不安で……復縁するしないの結論はその場で出しませんでした。軽い気持ちだったらすぐ連絡もなくなるだろうと思って。でもめげずにアプローチしてくるし、他の女友達との連絡も全部断ち切ったって聞いて……とりあえず今は復縁の方向で考え中です」(27歳/化粧品販売員)

彼の目的が、本当に純粋に復縁をしたいという気持ちだけなら、すぐに相手が結論を出さなくても、どうにか関わり続けたいと思うはず。

とりあえずお互いの近況報告から始めて、少しずつ距離を縮めつつ、彼の様子を伺ってみるのもよいでしょう。

彼が本気だと確信が持てるまでスルーしてみる

「ひたすら彼からの連絡をスルーし続けましたね。なんて返せばいいのかわからなかったっていうのもあるんですが、すぐに返信したら軽く見られそうな気がして。結局、2日後には、彼から『もう忘れてください』って来ました(笑)私も冷たい態度だったかもしれないけど……その程度か~って思っちゃいました」(24歳/ジムインストラクター)

彼の浮気が原因で別れたなどの場合は、少し彼を試す方法もありかもしれません。

その場のノリや体目的なら、相手もすぐにあきらめるはず。

スルーされ続けてもめげずに連絡をくれるのであれば、彼が本気なのだと捉えて復縁を前向きに検討してもいいでしょう。

会うときはこちらのペースで約束をする

「とりあえず会って話をしようってなったんですけど、安易に予定を合わせて、前のめりに思われるのも嫌だったので、彼が挙げてくれた候補日を1・2回用事があるっていって断りました。その彼とは最終的に復縁したんですが、あとで聞いたら、もうほかにいい人がいるんじゃないかってすごく不安になってたそうです」(26歳/金融事務)

会って話がしたいと思ったときには、日程は自分のペースで決めましょう。

そこで彼が予定を合わせてくれるかどうかも彼の本気度を見極めるポイントになります。

都合の良い相手を探しているだけなら、すぐに応じてもらえない時点でパッタリ誘わなくなるはず。

また、仕事などではなく、プライベートの先約を優先するようなら、彼の復縁への本気度は低い可能性もあるので要注意です。

結論を急がずゆっくりと進めてみて

復縁したいと言われてすぐによりを戻しても、本当は体目的だったと発覚したり、前回別れたときの教訓を生かせずすぐに関係が終わってしまったりすることもあるようです。

彼の本気度をしっかりと見極めるには、焦らずゆっくりと関係を進めていくことがおすすめ♡そうすれば、相手だけでなく自分の本心も見えてくるはずですよ。

(婚カツ編集部)