職場で見かけた「いいお嫁さんになりそう」な女子の特徴4つ

男性は、身近な女性に対してふとした瞬間に「この子、なんか良い」と思うことがあるそうです。

それは見た目のキレイさやスタイルなどとは別に、「こんな子と一緒にいられたら幸せだろうな」という結婚相手としての目線。

特に長時間共に過ごす職場では、見る目が変わるきっかけが多く潜んでいるんだとか……。

今回は、「職場で見かけたいいお嫁さんになりそうな女子の特徴」について男性に聞いてみました!

早速チェックしていきましょう。

毎日手作り弁当を持参

「いつも美味しそうな弁当を持参してる子がいて、『それ手作り?毎日偉いね』って聞いたら『残り物で適当に作っただけですよ~』ってサラッとした返答。
あるもので作れるのは、料理上手の証」(30歳/営業)

家庭的女子は、やはり結婚したいタイプの代表格!

残り物で作ったお弁当を毎日持ってくるということは、日常的に自炊をしている、倹約家、コンビニ飯よりも健康的、などなど良いイメージが盛りだくさんですよね。

冷蔵庫にあるもので、美味しそうなご飯が作れるという点も、料理をしない男性にとっては高スキルに感じるポイントのようですよ。

いつも笑顔で大らかな人柄

「誰かが失敗しても笑顔で『大丈夫!私がカバーしとくから』って、大らかに受け止めてくれる女上司。
いるだけで場が明るくなる女性って、一緒にいたら幸せになれそう」(27歳/IT系)

結婚生活で大切なのは、お互いを許し理解し合うこと。そんな関係を築くために、明るく大らかな性格の女性は、理想的なパートナーと言えそうです。

辛いことがあっても、太陽のような妻が支えてくれたら頑張れる!と感じる男性は少なくないはず。

あまりイライラせず、細かいことは気にしないように、心がけてみましょう。

周囲への気遣いを持って行動できる

「残業でしんどいときに、タイミングよくドリンクを差し入れしてくれた、同僚女性。
考えてみれば、いつもさりげなく細やかな配慮をしてくれている人。
好感度が急上昇しました」(38歳/出版社)

疲れたときに、そっと優しい気遣いをしてくれる人は、男女関係なく素敵に感じられるもの……。

普段から周囲をよく見て、誰かのために行動しようと意識しているのでしょう。

そんな気遣いを持てる人となら、居心地の良い家庭を築けそうなイメージが、湧いてきますね。

身の回りがいつも整頓されている

「デスク周りや持ち物などが常にきちんとしている人は、家もキレイで自己管理できそうなイメージ。
だらしない女性は苦手なので、そういうしっかりタイプの女性と結婚したい!」(26歳/旅行代理店)

結婚相手として考えるなら、生活力があるかどうかも重要な要素になります。

だらしなさそうな印象を持たれると、それだけで良いお嫁さんのイメージからは、遠のいてしまうでしょう。

常に清潔感があり、身の回りを整頓している女性は、家庭内でもきちんと管理をしてくれそう、と思われやすいようです。

男性から見た良いお嫁さん像はやや古風かも

男性にとっての良いお嫁さんというのは、家庭的で優しく明るい女性というイメージが根強いようです。

料理や掃除ができるに越したことはありませんが、もちろんそれだけが良いお嫁さんの条件ではないはず……。

これらの意見に共通しているポイントは、「生活や人間関係を一緒に楽しめそう」ということかもしれませんね。

(婚カツ編集部)