気になる彼に「付き合ったら相性が良い」と思ってもらう心理テク4つ

恋は偶然から発生するもの……。

ちょっとした思い込みで「きっとこの子とはうまくいく!」と彼に思ってもらえたら、かなりのアドバンテージになると言えます。

どうやって彼を、その気にさせていけばいいのでしょう?

そこで今回は、「気になる彼に“付き合ったら相性が良い”と思ってもらう心理テク4つ」をご紹介いたします。

気になる彼に「付き合ったら相性が良い」と思ってもらう心理テク4つ

1、お互い似た者同士だと思わせる

ある心理テストによると、類似性と好意の関係はわかりやすく、意見が似ているとそれだけ好意が増すとされています。

ただし、好意と関係したのは類似度(似ている点の深さ)であり、類似数(似ている点の多さ)ではありませんでした。

つまり、すべてにおいて似ているわけでなく、食べ物や洋服の好みなど「生活にまつわるスタイル」が深く似ていれば、他が違っていても相性はバッチリだと思ってもらえるのです。

あなたと彼が、生活感の面で深く似ていると思わせられれば、好感を持ってもらえるはずですよ。

2、何でも話せるムードをつくり出す

男女の関係が進展していくプロセスの大部分は、相手との言葉のやりとり、つまりコミュニケーションだとされています。

そして、恋愛関係の満足度は二人の間の「フランクさ」によると言われているんですよ。

たとえば、性的な話題を話せるかどうかは、お互いの関係全般で重要な役割を果たしているでしょう。

そのため、あなたが彼と性的な話題についてもフランクに話し合える関係なら、相性がいいと思ってもらえるはず。

また、もっと彼との関係を深めたい場合は、会話をするときに自分をさらけ出してながら話すと、寛容的なムードを出すことができて◎

3、行動のタイミングを彼に合わせる

まるで、二人の動作が鏡に映っているかのように、シンクロしているカップルがいますよね。

これを心理学では「ボディ・シンクロニー」と言います。

これは、お互いが心理的に同調している場合によく見られる現象。

そのため、彼に好相性だと思ってもらいたいなら、お店の注文ボタンを彼と同時に押したり、席を立つタイミングを合わせたりしてみましょう。

そうすれば、彼の中であなたは特別な存在に昇格していくはず。二人の呼吸が一致していることを、さりげなくアピールしてみてください。

4、あえて偶然を装ってみせる

偶然というのは、まったく意識していなければ単なる「偶然」ですが、意図的に作り出せば「必然」へと変わります。

たとえば、オフィスの廊下で好きな人にわざとぶつかる、かかってきた電話に「私も今かけるつもりだった」と伝える、なども恋愛テクニックのひとつ。

わざとやったとしても、相手からすれば「偶然」起こったもの。

だからこそ、相手にとって、あなたのイメージは強烈に頭の中に記憶として深く刻み込まれるでしょう。

そうすると、彼はあなたのことを幾度となく思い出し、頭から離れられなくなってしまうのです。

おわりに

性格の好みは小さい頃に作られていくのではなく、後天的に経験を積む中で、形成されていくと言われます。

そのため、子供時代の好みと、大人になってからの性格の好みは、変わっていることも多いもの……。

だからこそ、男子に「相性がいい」と思わせることはとても大切なことでしょう。

あなたが彼の人生を書き換えるくらいのイメージを持っていれば、相手はおのずと相性がいいと思ってくれるものなのです。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(婚カツ編集部)