三十路を越えたら避けるべき「痛い」ファッション

先日、どう見ても50歳は過ぎているのに、ノースリーブのニットを着て、膝上のフレアスカートを履いているご婦人を見かけました。

洋服そのものはセンスが良く、オシャレだったのですが、たるんだ二の腕を丸出しして、ぜい肉に覆われた膝をあらわにするのは、やはり見苦しく感じました。また、髪の毛やメイクが年相応の雰囲気だったので、ミスマッチ感も否めなかったのです。

こうした違和感は、中年女性だからこそ生まれるわけじゃありません。ピチピチギャル世代を終えて、大人の女性の仲間入りするアラサー女子にも、大いに起こり得ることなのです。

今回は、本人は「まだいける」と思っても周囲は眉をひそめている、三十路越え女性の『痛いファッション』を詳しく見ていきたいと思います。

ミニスカートやホットパンツ

モデル並みのキレイな足を持っていない限り、アラサー女子の膝丸出しは痛いです。

また、それなりに美しい足をしていても、30代になれば膝が見えるファッションをしていること自体、「品がない」と思われるケースが少なくありません。

20代の頃は「若いから」という免罪符で容認されたにせよ、三十路を越えれば「教養がない。空気が読めない」と厳しい目を向けられてしまうのです。以前よりもいっそうTPOに応じた服装をするべきでしょう。

そして、膝や太ももをあらわにすると、「オトコを誘ってる」という尻軽なイメージを持たれやすくなります。20代であれば、若々しい生足で元気なオンナノコをアピールできても、30歳でそれは不可能なのです。

ゴスロリ・原宿系

レース付きのフレアスカートや白いタイツに厚底靴……黒でも白でもゴスロリファッションは20代も後半を迎えると厳しくなります。「ゴスロリは10代のもの」と言い切る人もいるそうで、三十路女性はまず無理だと思っていいでしょう。

たとえ、実年齢より若く見られがちな外見をしていたとしても、「実はワタシ、31歳なの」と言った時点で周囲は凍り付くはずです……。

そして、きゃりーぱみゅぱみゅに代表される原宿系も、少女だからこそ着こなせるファッションだといえます。パステルカラーやオモチャっぽいアイテムを避けて、落ち着いた雰囲気にまとめるとしても、この路線の個性的な服装はかなり気心が知れた友人に会う時などに限られるんじゃないでしょうか?

また、着る本人がそれなりにインパクトのあるキャラを持っていないと、「痛い」「似合ってない」と思われやすくなります。

普段は制服やスーツで仕事をするアラサー女性をデートに誘ったら、ガチガチの原宿系ファッションでやって来た……となると、男性は少なからず引くはずです。

リボン・ピンク

リボンやピンク色を上手に多用できる三十路越え女性は……ほとんどいないと思います。

リボン好きで有名なのは、タレントの神田うのさん。また、ピンク大好き熟女といえば、叶姉妹。どちらも色んな意味で「桁違い」な方々ですから、普通のアラサー女子は手を出さないのが賢明です。

筆者の後輩にもリボンのついた洋服が大好きという29歳がいましたが、白髪もちらほら見えだす年齢ですから、お世辞にも「似合ってる」とは言えませんでした……。周囲の男性陣も、彼女の年齢を知ると「うーん」と言葉が出なくなったものです。

まとめ

30代になれば着たいものが着れない、というわけではありません。着ても構わないのですが、外出する前には必ず全身を鏡に映して確認してほしいのです。

「私、大丈夫かな?」と。

また、職場なのかデートなのか……誰と何をするのかを良く考えて、それに相応しい服装をしましょう。フォーマルな場面や年長者と会う時は特に、自分の好みより大人の女性としての落ち着きをかもし出す格好をした方が良いですし、それが礼儀というものです。

視野を広げて「何を着るべきか?」を冷静に考えれば、痛いファッションに身を包むこともないでしょう。

(沙木貴咲/ライター)

(婚カツ編集部)

Photo by John Revo Puno