男性が「同棲したいな」と思うのはどんなとき?

同棲に憧れたり、現実的にそろそろしたいと思っていたりする方は必見!

男性が、付き合っている彼女と「同棲したいな」と思うのはどんなときなのか、実際に男性に調査してきました。

男性陣の意見を参考にすれば、同棲の話を切り出すタイミングを見極められるかもしれませんね。

もっと彼女と会いたいと思うとき

「付き合って2年になりますが、仕事でデートをキャンセルせざるを得ないことも増えてきました。
彼女は文句ひとつ言わず了承してくれますが、寂しい思いをさせていないか心配で……。
浮気されてもこまりますし、そろそろ同棲を考えています」(32歳・男性・会社員)

大好きな彼女に会いたい気持ちは、男性だって同じこと……。でも社会人たるもの、仕事をないがしろにするわけにはいきません。

となると……一緒にいる時間を増やすためには、「同棲」を考えるわけです。

最近彼が忙しくて会えないと感じているなら、同棲を提案するチャンスかもしれません。

彼がもっと癒されたい、支えが欲しいと感じているなら、同棲をOKしてくれる可能性も高そうですよ。

結婚に不安を感じたとき

「ちょくちょく彼女から、『結婚どうする?』というメッセージを受け取っていますが……。
正直、結婚して問題が起こらないかどうかが不安です。

いまでこそ、ちょっとしたケンカがあってもうまくやっていますが、毎日一緒にいることになるわけですから、同棲から始めてみたいのが正直なところです」(28歳・男性・フリーランス)

結婚して家庭を持つというのは、人生がガラっと変わる出来事。それが上手くいくのかどうか不安だからこそ、同棲を考える男性もいるようです。

おうちデートやお泊りデート、旅行などの際「一緒に生活したら○○だね」という軽い話題をふりつつ、共同生活に対する彼の興味を探ってみては?

「○○なときは○○するよ!」「○○が楽しそう!」と、前向きな想像を話せば、同棲も前向きに考えてくれるかもしれません。

もっと彼女を知りたいと思うとき

「何回もデートしてきましたし、彼女がどんな人間なのかは、ある程度把握しています。
それでも生活の一部分。切り抜きと言う感じです。

彼女そのものを丸ごと理解するには、同棲して、一週間の生活のリズムや、季節ごとにどんな顔を見せるのかを知る必要があるかなって」(29歳・男性・不動産会社勤務)

そろそろデートだけでは物足りない!というときもチャンス。

デートは、しっかり準備して出かけるので、確かに素の部分は見えにくいものです。

朝の起きたての様子や、仕事から帰った直後、うとうとする頃……。そんな、生の相手を見られるのが同棲の醍醐味。

ぜひ、「そんなあなたを知れば、もっともっと愛せると思う!」というメッセージを伝えてみてください。

もちろん、結婚を意識してそう言っているのも伝わるはずなので、「いよいよその段階か~」と、彼も感慨深くなるはずです。

おわりに

同棲すれば上手くいくわけではありませんが、同棲して初めて見えてくるものだってあるはずです。

大切なのは、より深く相手を気遣う心。

同棲を提案するときには、同棲のメリットと、相手を思いやる心を全面に出して、彼に話してみるといいかもしれません。

(橘 遥祐/ライター)

(婚カツ編集部)