「部屋が汚すぎる彼」に片付けてもらうためにやったこと3つ

大好きな彼との同棲を考えたときや、すでに一緒に住んでいる彼がいるけれど「捨てられない、片付けられない男」で悩んでいる女性は多いようです。

言っても喧嘩になる場合、はたしてどうやったら聞いてくれるの?

掃除が嫌いな男性を動かした方法について経験者に聞いてみました。

○○だからお泊りできない、と拒否

「一人暮らしの彼の家が、日当たりが悪いのもあるんですがマメに風通ししてないのと物が多すぎるのもあって掃除機がかけにくく、カビっぽい、埃っぽい部屋なんです。

でも、言っても喧嘩になりそうだったので、持病のアレルギー性鼻炎を理由にして『お泊りしたいけど、鼻炎が辛くなるから泊まれないの』とデートの回数を減らしたんです。
そしたら彼も焦ったのか、掃除機をかけられる床になるくらい物を減らしてくれました」(25歳/飲食関係)

モテたいという意欲がある男性なら、「片付けないと女性を家に呼べない」となったらどんなにズボラでも頑張って片付けする可能性は高いですよ。

「汚い家は無理」と言ってしまうとトゲがありますが、「アレルギーが出ちゃう」という言い方ならカドが立ちにくいのではないでしょうか。

一人で頑張っている姿を見せた

「私も“片付けられない女”で、忙しいときは床にホコリが溜まろうが洗濯物が積んであろうが気にならない人だったんです。
でも、彼の両親が上京してくることになって、家を綺麗にする必要に迫られて……。

整理収納アドバイザーの人に来てもらって、片付けのアドバイスをしてもらったんです。
それで、休みの日は1人でひたすら片付けている姿を見せていたら、彼に『俺もやるわ』とついに言わせることに成功しました」(33歳/イラストレーター)

男の人って「ちゃんとやってよ!」と押し付けると猛反発しちゃうんですよね。

小学生の宿題と同じで、「やろうと思っていたのにうるさく言われたからやる気をなくした」と逆効果になってしまうことも……。

このケースの場合、彼にガミガミ言わずに自分がまず頑張る姿勢を見せたのが大正解だったのでしょうね。

自腹でレンタル倉庫を借りて物を移した

「彼は服やスニーカーが大好きで、一緒に住んでる狭い部屋にいつも箱や紙袋が積み上がってるしクローゼットもパンパンでした。
でも、売るのも捨てるのも嫌がるし、勝手に触ると怒るのでどうにもできなくて……。

そこで諦めて、近くにレンタル倉庫を借りて移したんです。
月に8,000円くらいの出費でストレスが減るならもっと早くやればよかった!」(26歳/Webデザイナー)

フリマサイトに売るという方法もありますが、コレクション欲が強い人にとっては自分の大事なものを手放すのは決していい気分になりません。

場合によっては「彼女に売らされた」とずっと根に持つ人もいます。

そういうタイプの彼なら、「物を別の場所に移す」という方法は決して間違いではありません。お互いの妥協点を見つけることは大事ですね。

彼にどの方法が効くか見極めるのが大事

片付けられない彼への対処法は「下手に出てお願いをする」「率先してやっている姿を見せる」「別の解決策を探す」など、正解は一つではありません。

大事なのは、彼の性格を見極めること。

そこを無理して解決させようとしても、わだかまりが残ります。

本当に大事なのは、彼と仲良くしつつ自分がストレスを感じない部屋にすることではないでしょうか。

そこを見失わないように、正解のアプローチを選んでくださいね。

(上岡史奈/ライター)

(婚カツ編集部)