こっそりチェック!気になる彼の「マザコン度」診断

女性が付き合いたくない男性といえば、借金がある、ギャンブル依存症などが挙げられますが、マザコン男もお断り!という人も多いのでは?

親孝行であることはいいことですが、行きすぎていてはNG。しっかりと親離れ子離れしておいてほしいもの。

そこで今回は、気になる彼のマザコン度診断をご紹介します。

1:優柔不断

優柔不断な男性の中には、マザコン気質な男性も少なくありません。

例えば小学生の頃、自分が着る服を母親が適当に買ってきていたという男性は多いもの。しかし、思春期になれば自然とファッションにも気を遣うようになり、親離れがはじまります。

しかし、優柔不断な男性の中には、今でも母親に相談して貰っているケースも。自分では何も決められないという人もいます。

決断力のない男性をみたときには「●●君って母親と仲いいの?」と聞いてみるといいかもしれません。

2:食べ物の好き嫌いが多い

気になる異性とデートをすると言った場合、飲食店に出かけることが多いでしょう。

そんな時に好き嫌いが多いなと感じたら、その男性はもしかしたらマザコン気質かもしれません。

好き嫌いの激しい人のなかにはこだわりが強く、完璧主義者もいますが、幼少期に甘やかされて育ったという人も多いもの。

その結果、マザコンに育ったということです。特に末っ子だとその傾向が強いようです。

3:昔のままのあだ名

小さい頃は母親からあだ名で呼ばれていたという人もいるでしょう。例えば、「たけし」という名前なら「たっくん」といった具合に。

大人になっても小さい頃のあだ名のまま呼ばれているという人も、マザコン体質の傾向にあります。

ある程度の年齢になると、人前で母親からあだ名で呼ばれることに恥ずかしさを覚え、呼び名が自然と変わるもの。子供の自立を考えて母親がそうする場合もあります。

しかし、大人になっても変わっていないのであれば、もしかしたら子供の頃の関係から抜け出せていないのかもしれません。

4:LINEなどの母親との連絡が頻繁

すっかり浸透したLINE。友人や恋人だけではなく、家族との連絡手段としてもLINEを使っているという人も多いのではないでしょうか。

その手軽さから、母親とのLINEが頻繁という人も要注意。

「今日の晩飯なに?」くらいであればセーフですが、恋人以上に連絡を取っているとなれば話は別です。

親離れ、子離れできていない可能性があります。

マザコンを見分ける質問とは?

気になる人がいる場合、「マザコンかな?」と思ったら、生活スタイルについての具体的な質問を投げてみると良さそうです。

洋服のチョイスから食事、洗濯など身の回りのことを、「お母さんにしてもらってる」と答える男性はちょっと要注意かも。

(草薙つむぐ/ライター)

(婚カツ編集部)