君とは絶対やり直さない!男性が復縁を拒否するケース3つ

別れてしまったけど、やっぱり彼が好き……。そんな時、復縁を夢見る人も多いはず。

いったん別れても復縁できることもなくはありませんが、中には「絶対無理!」と男性に言われてしまうケースも。

男性が「絶対ヤダ」と拒否する復縁要請とは?

そもそもの生活スタイルが合わない

「時間にルーズだった彼女が、復縁しようって言ってきたときはすぐに断りました。30分以上の遅刻や、ドタキャンが多くて、忙しい中時間を作ってた僕には合わないと思ったので……。

彼女は『私も時間変更するけど、あなただって当日の気分で予定変更したっていいんだよ?』っていうけど、ほかの予定や仕事をパズルみたいにやりくりして作った時間を、僕にはそんな風に扱えませんよ。

それに、自分の気分で人の時間を浪費したのに、自分にだけやり直す機会が与えられると思ってるのも図々しいですよね。復縁を断るやりとりの後は、LINEもブロックしました」(29歳・男性)

時間には限らず、お金や食など、普通に生活していく上での価値観が違いすぎた場合は、一緒にいるだけでもストレスがたまるもの。

別れた時の怒りや悲しみが落ち着いても、「どうせ合わないから」と復縁したがらない人も多いです。

同じような価値観の人と付き合えば感じなくて済むストレスがある場合は、「わざわざこの子じゃなくても」と、敬遠されてしまうでしょう。

相手の浮気が背景にある

「浮気して、僕から去ってった彼女が『やり直したい』と連絡してきたけど自分に都合良すぎ!僕はやられたことは忘れてないからな」(26歳・男性)

女子の浮気が別れの原因になったカップルの場合、女子からの復縁要請は「ほぼ無理」と言っていいほど難しいです。

男性が浮気した場合は、女子が許してしまうケースも結構ありますが、男性が浮気された場合は、プライドが傷つき、顔をつぶされたように感じる人も多いです。

「絶対に許さない!」という声もよく聞きます。それだけに、その状態で復縁を申しでても、成功した例はほぼありません。

あとでどんなに「やっぱりあの人が良かった」と思っても、自分が浮気した場合はやり直せないと考えておきましょう。

別れた直後

「別れた直後に、元カノと復縁しようなんて思わないよ。別れるに至るやりとりだって疲れるしね。それにこの前、新しい彼女ができたばっかだし。無理」(24歳・男性)

一度決めた別れを、すぐになかったことにしようと思う男性は少数派。

たとえ、元カノに少し気持ちが残っている状態でも「今やり直しても何も解決しないし、結局同じことになりそうだ」と気持ちを抑えることも多いようです。

別れたばかりの嫌な記憶が残ってる状態は復縁しにくいもの。

このケースのようにほかの彼女ができていて、元カノのことどころではない場合もあるでしょう。

復縁したい側としては「忘れられちゃうかも?」と不安になりますが、一回忘れられて、嫌な記憶ごとリセットできてる方が、

キチンと復縁できるかもしれません。

別れたての寂しさのような一時の感情に引きずられず、自分も冷静になったほうがよいでしょう。

別れ際と別れの理由がカギ

ちょっとしたことで壊れてしまう恋愛も多く、それを後悔する人も少なくありません。

そのため、うまくいく復縁というのもちゃんと存在します。

でも、根本的に合わないと思われた場合、別れ際に彼のプライドを傷つけた場合など、無理なケースもあります。

復縁を申し出る前に、別れ際のことを思い起こしてみると、復縁できる確率がわかるかもしれません。

(中野亜希/ライター)

(婚カツ編集部)