あなたは大丈夫?彼氏ができても結婚に至らない3つの理由

付き合っているのと結婚するのとでは、何が違うのでしょうか?

それはズバリ、自分だけでなく家族や親戚との付き合いが始まるという点。

お付き合いだけならば、本人同士の問題ですが、いざ結婚ともなると2人だけの問題ではありません。

家族や親戚とうまくやっていけそうか、妻として、将来的には母としての姿を想像できるか?という点で結婚に踏み切るかどうかが決まります。

では、逆に彼女のどんなところに結婚を躊躇してしまうのか、その理由を順番にみていきましょう。

アグレッシブすぎる性格

ケンカが絶えないとか、男友達と頻繁に遊んでいるとか、とにかくアグレッシブな彼女だと毎日が刺激的です。

そんなジェットコースターのような毎日は、恋愛ならば盛り上がるかもしれませんが、結婚には向いていません。

生活を共にする相手を選ぶわけですから、たまの刺激は嬉しいけれど、できれば穏やかに過ごしたいと思っている男性は少なくありません。

将来、子どもが誕生したときも、攻撃的な性格よりも穏やかな性格の人の方が安心です。

穏やかな生活がイメージできないと、結婚への道のりは難しいものになるでしょう。

浪費家

自分で使うのはもちろん、高価なプレゼントを贈ったり、すぐに奢ってしまったりと浪費家も考えもの。

独身時代はそれでもやっていけるかもしれませんが、結婚をして家計を共にするとなると話は別です。倹約家でありすぎる必要はないけれど、やっぱりお金は大切に扱って
欲しい。

自分が一生懸命稼いだお金を湯水のように使われたら、どんな人でも働く意欲をなくしてしまいます。

また、いくら自分の収入だとしても、将来を見据えて貯蓄をしてもらいたいと思うのが普通でしょう。

お金に対する感覚は一朝一夕では変わりませんが、相手との未来を望むならば自ら律して変えるべきです。贅沢はほどほどに、将来を見据えた貯蓄も考えましょう。

TPOをわきまえない

ファッションの露出しかり、センスしかり、振る舞いしかり。自分を表現する場と、控える場をわきまえられない人も結婚向きではありません。

結婚はプライベートなものであるかもしれませんが、夫婦として公の場に出ることがないとは言えません。また、将来子どもが生まれたら、今度は父親・母親としての立ち場で人の前に出ることになります。

TPOをわきまえるだけで良い印象を与えることができます。言ってみれば処世術です。

「一緒に他の人と会えるか?」「人に紹介できるか?」と悩んでしまう相手だと、お付き合いさえも長続きするのは難しいと言えそうです。

まとめ

結婚を機に、それまでの習慣をガラッと変えられる器用な女性もいるでしょう。

しかし、お付き合いの延長上に結婚があるとするならば、普段から意識しておかないと結婚には至りません。

付き合いたい女性と結婚したい女性の境目は、一緒にいて違和感がないかどうか。

自分のことばかりでなく、相手の立場に立って物ごとを考えてみると、おのずと相応しい振る舞いができるはず。

たまには、自分の身だしなみから言動までを見直してみてくださいね。

(森山まなみ/ライター)

(婚カツ編集部)