実は既婚者かも?LINEと言動で分かる「見抜き方」

草食男子が増え、グイグイ積極的に押してくる男性が少なくなっている今、既婚者のほうが大胆に口説いてくる場合もあるようです。

「いいな」と思ったら実は隠れ既婚者だった!ということも。

LINEから分かる既婚者の特徴や見抜き方について、元女探偵の筆者が解説します。

「写真送って」を拒否する

既婚者かどうか分かりやすい見分け方として「写真送って!」と頼んだときに微妙な反応をする、というものがあります。

「彼の写真が欲しい」または「家の写真見てみたい」とLINEで聞いてみたとき、うまく誤魔化してくるようなら怪しいと思ったほうがいいでしょう。

既婚者が浮気して一番困るのはやっぱり奥さんバレ。

言い訳できないような証拠を残したくないと考えるので、2人の写真を撮ろうとしない、自分の写真も送らない、と警戒した行動を取るんですね。

電話にすぐに出ない、いつも折り返してくる

既婚者の場合、LINEはすぐに返せてもさすがに奥さんのいる空間で電話に出るのは難しいもの。

何回かかけても出なくて、時間が経ってから折り返してくるか「ごめん、気付かなかった」とメッセージだけで返してくるのは、既婚者の可能性大!

「彼の声が聞きたいな」と思ったときじゃなくても、「もしかして怪しい?」と思ったときに突然電話してみるのはおすすめです。

また、普段からよく電話をかけてくる子だと思わせておくと男性のほうも「誤魔化しにくそう」「騙せなさそう」と感じるので、既婚者避けにもなりますよ。

友達に会いたがらない

飲み会やイベントに「行かない?」と誘ったとき、「大人数で集まるのは苦手なんだよね」「知らない人がいる場は好きじゃない」などと断ってくるのも怪しいですね。

共通の知り合いが増えれば、どこかで自分や奥さんの友達などつながってしまう可能性もありますし、浮気バレするリスクが増えます。

彼の友達にも会わせようとしない、自分の友達にも会うのを避けようとするのであれば、隠れ既婚者の可能性も高いでしょう。

デートの予定を即決できない

LINEなどでデートの日を決めるとき、どちらが日程を出すことが多いですか?

「○日はどうかな?」とこちらから聞いたときに「その日出張かも、確認するからちょっと待って」といったん保留にされることが多いなら要注意!

自分の予定が確認できないことってなかなかないもの。既読になってから返信に時間がかかるのも、予定をチェックしているからかもしれません。

予定を即答できない男性は、奥さんの予定を確認して会える日かどうかチェックしてからでないとOKできない可能性があります。

また、彼から日程の指定を「この日なら大丈夫」と言ってくる候補日が土日でなくて平日ばかり……という場合も要注意ですよ。

違和感を見逃さないで

既婚者の行動は、どんなにうまく誤魔化していてもどこかでボロが出るもの。

違和感を感じたらそのままにしないでくださいね。

(上岡史奈/ライター)

(婚カツ編集部)