確実アウト!30代カップルの別れを予感させるNG行動

20代の恋愛と30代の恋愛のちがいとして、30代では結婚を見すえたお付き合いが増えてくるという点が挙げられます。

そんな30代の恋愛には、確実に別れをもたらすNG行動が……。

今回の記事では、それぞれを詳しく見ていきたいと思います。

会う努力をしなくなる

付き合いだしたころは、多少の無理をしてでもデートをしようとしますよね。

しかし付き合いが長くなると、デートよりもほかの用事を優先する機会も増えてくるもの。

そうしているうちに、だんだんと心の距離は離れ、やがて別れる……といったケースも多く見られます。

どうせいつでも会えるからと油断するのではなく、一回一回のデートを大切に、会う機会をみすみす逃してしまわないように、ほんのすこいし、努力をしてみましょう。

喧嘩で感情的になる

ながく一緒にすごしていると、だんだんお互いのイヤなところが見えてきます。

そこから喧嘩をしてしまうこともしばしば。

そんなとき、感情的にぶつかりあうのではなく、お互いのどこがイヤだったのかをしっかりと話し合い、すれちがいを修正するのが大切です。

出ないと溝は深まるばかりで、あんなに好きだった相手の顔も見たくない、という結果になってしまうこともあります。

それはきっと、お互いにとって悲しいことですよね。

結婚を強くせまる

プロポーズもされていないのに、あなただけが空回りして結婚をせまると、男性はとまどってしまいます。

将来のことを考えるのは大切ですが、彼はまだ結婚について、仕事や金銭面などで悩んでいるのかもしれません。

結婚しようと強くせまるのは、婚約を結んでいないかぎりはNG。

かわいく、冗談っぽく「ずっと一緒にいたいな……」というくらいなら、男性の負担にもならず、あなたの気持ちも伝えられていいでしょう。

やきもちを焼く

かわいいやきもちならいいのですが、職場の後輩や昔からの知り合いなど、ほかの女性と親しくしているだけで怒ったり泣いたりしていると、男性には負担がかかります。

また、付き合いで夜のお店に行くこともあるでしょう。

そのたびに男性を責めていたのでは、破局へのカウントダウンがはじまってしまいます。

もしあなたがこれらのことを我慢できないのであれば、しっかりと彼に伝え、行動をひかえてもらうことです。

お互いが尊重しあってこそのお付き合いだと思いますよ。

デートがマンネリ化

夫婦になってしまえば、安定してすごせるのはとても好ましいこと。

しかし、まだ付き合っているだけという状態では、つよい絆を築けているとは、とても言い切れません。

将来の夫や妻として自覚を持てというのは、ちょっとむずかしい話ですよね。

いちばん長続きするのは、恋愛のドキドキを感じつつも、将来の安定を予感させる状態。

普段のデートに、旅行などのいつもしないことを取り入れたり、サプライズをしたりと、刺激を取り入れてみましょう。

おわりに

破局しても、20代やそれ以前には「次にいけばいいや! 」という余裕がありました。

しかし、30代の恋愛は、将来の伴侶を探す大事なもの。

NG行動をとってしまっていた! と焦る方もいるかもしれません。

しかし、この記事を参考にして、各項目ごとのアドバイスを試してみれば、別れは回避できるかもしれません。

大切なのは、カレの気持ちに寄り添い、理解してあげること。お互いに大切にしあえる幸せを目指してみてくださいね。

(秋佳 珠/ライター)

(婚カツ編集部)