結婚を急いで失敗する女性の共通点3つ

周囲の結婚ラッシュがあると、「自分も早く結婚しなきゃ…」という気持ちになってしまいませんか?

でも、結婚に焦りは禁物です。

人生で結婚は1度きりがいいと思っているならば、結婚を急がずしっかりと見極めるのが大事です。

そこで今回は、結婚を急いで失敗する女性の共通点についてお話ししていきます。

1、親族付き合いのことを考えていない

結婚は当事者同士だけの問題ではありません。

親や兄弟、親戚を巻き込んでいのお祝い事です。

また、今後様々なシーンで親族同士が顔を合わせることになります。

しかし、結婚を焦ってしまうあまり、相手男性の親族付き合いにまでチェックをしていない可能性があります。

「結婚してから彼が親と疎遠なことを知りました。自分が親と会いたいときも、『俺は親と会っていないのに』と言って不満げ。

結果、わたしまで親と疎遠になってしまいました。彼とはその後も親族付き合いのことで争いが絶えず、離婚。確認しておくことをオススメします」(40代女性・自営業)

親族付き合いが大きなストレスとなって離婚する人が存在するということを忘れずに!

2、金銭面でクリアになっていない

あなたは、交際相手男性の収入を把握しているでしょうか?

大体の額を掴んでいるとは言っても、自動車のローンといった借金の額までは把握していないことと思います。

そういった部分は直接聞きにくい問題であることから、ハッキリせずに結婚してしまう人もいます。

しかし、それが大きなダメージになることだってあるのです。

「彼の生まれや育ち、収入面について細かに聞くことをしませんでした。

そうしたら、彼は結婚歴こそ無かったものの、元彼女が妊娠して出産していたことから養育費を毎月4万円も送金していることがわかったんです。

貯金もなく、それ何年続けるの?って話になって揉めに揉めて、結局離婚。

支出が多くて貯金が無かった理由についてしっかり聞いておけばよかったです」(30代女性・家電量販店勤務)

収入面はもちろん、支出面についてもしっかりと状況を共有しておくことが大事です。

3、キャリアプランについて考えていない

あなたは今後、どんな風に暮らしていきたいでしょうか。

今の仕事をずっと続けていきたいですか?

はたまた、子どもを産んで育児に専念したいでしょうか。

育児から手が離れたとき、また働きに出たいでしょうか……。

女性のキャリアについては近年大きく取り上げられています。

一度築き上げたキャリアを手放すと、スタート地点に戻ったかのようになってしまうことも考えられます。

将来像を具体的に描くことが大事です。

「自分は結婚後も出産後も働くことを考えていました。でも育児をしてみると正直キツくて、仕事も思うように出来なくて全部中途半端になりました。当時主人は協力してくれず、「退職すれば?」……と。

その後不仲になり離婚しましたが、結果キャリアも捨て、子どもを抱えて仕事探しから。本当につらかったです」(30代女性・パート)

一度捨てたら戻らないキャリア。

しっかりと将来自分がどう在りたいかを考えて交際を発展させないと、取り返しのつかないことになってしまいます。

おわりに

いかがでしたか?

少し考えてみればわかるようなリスク回避ですが、結婚を急いでしまうとつい見落としがちな3つのポイントでしたね。

ぜひ、今後の交際時の参考にしてみてくださいね。

(コンテンツハートKIE/ライター)
(婚カツ編集部)