3ヶ月以上付き合えない!恋が長続きしない女子の特徴3つ

恋人ができないことで悩む人も多いなか、恋人はポンポンできるのに全く恋が長続きしない女がいます。

テレビドラマよりも恋の終わりが早く来る!3ヶ月以上恋が続かない女の特徴をまとめました。

歩み寄らない

大人になれば多少なりとも自分のスタイルができてしまっているもの。

でも、好きな人や恋人ができれば、相手の色に少しは染まってみるのも楽しいものです。

恋愛が続かない女は、これが苦手。

彼のおススメを「私、邦画は見ない主義だから」とバッサリ却下してみたり、せっかく二人で旅行に行ったのに「夕食まで別行動しよ」などと申し出てみることも。

本人にしてみれば「ぶれない女」演出だったりもするのですが、彼にしてみれば「二人で経験を共有できない女」です。

絆が深まらないように感じられるので「わざわざ彼氏彼女でいる意味ないでしょ」と冷められてしまいます。

関係をオープンにするのが好き

彼氏ができて嬉しいのは分かります。

でも、その関係をすぐにオープンにしたがる女子は、男性からはちょっと不評。

付き合うと決めた次の日から誰彼問わず「私たち付き合ってるの!」と宣言したり、SNSで匂わせ投稿をしてたくさんの「いいね!」にニヤニヤ……。

「それくらい浮かれたっていいでしょ?」……と思うかもしれませんが、男性にとっては「外堀を埋められた」「俺の人間関係はどうでもいいのか」と思われることも。

関係が深まらないうちからの彼氏自慢は「彼氏がいるって言えれば何でもいいのかよ」と、うんざりされる原因に。

ナチュラルを勘違い

男性はナチュラルが好き。

でも、ただの手抜きは嫌いです。

付き合うまではデートでもきちんとメイクしていたのに、付き合うことになったとたんなぜかすっぴん派になる女子がたまにいます。

付き合いたての一番ラブラブで楽しい時期なのに、「彼女は俺のためにオシャレもしてくれないの?」

……男性が「騙された!」と感じるのもムリはありません。

このタイプは「付き合うと家族みたいになっちゃって」という謎理論を繰り出してくることも多いのですが、根底には「男性と色恋だけでなく人間としてつながってる」と思いたい気持ちがあるよう。

でも、恋のときめきをまだ求めてる時期の男性には、それは理解されないこだわりと言えるでしょう。

トラウマが癒えてない

恋愛の辛い思い出は、誰にでもひとつやふたつあります。

でも、過去にひどいことをした彼と今、目の前にいる付き合いたての彼は別人です。

恋が続かない女は、ここで気持ちを切り替えるのがとても苦手なことが多いんです。

過去の男が「忙しい」と言って浮気していたからって、今の彼が本当に仕事で忙しいのを信じることもせず「どうせ浮気でしょ!」と責め立てたりします。

痛くもない腹を探られるのは誰もが苦痛ですし、「どうせ今まで粗末にされてきた女なら、俺も大切にしなくていいよね」とあっさり捨てられてしまうことも。

おわりに

恋が続かない女が演出したいのは「ぶれない自分」「人間としてのつながり」「彼氏がいて幸せな女の子像」「過去も受け入れられる自分」など、理想の自分であることも。

ひとつひとつは理解できる話でも、そのタイミングと演出方法によっては「なんだこの女?」と男性を引かせてしまうのかもしれませんね。

(中野亜希/ライター)
(婚カツ編集部)