うまくいかなくなる…元カレとの「復縁」を遠ざけてしまうNG行動

別れてしまったものの、まだ元カレに未練がある場合は、「復縁したい」と考えたりもするでしょう。

ただ、そこで間違った行動を取ってしまうと、復縁できる可能性はどんどん低くなっていく一方です。

そこで今回は、元カレとの「復縁」を遠ざけてしまうNG行動を紹介します。

一方的に「連絡しまくる」

別れてもう恋人同士ではなくなっているのに、当たり前のように元カノから頻繁に連絡がきたりしたら、男性はさすがにウンザリするでしょうし、重い感じがしてさらに避けたくもなるはず。

まだ未練があったら、どうしても連絡をしたくなったりもするかもしれませんが、一方的に連絡をしまくるのは逆効果にしかなりません。

「復縁したい」という気持ちがあったとしても、何が原因で別れてしまったのか、どういう部分を改善すべきかなどを、一旦冷静になって考えた方がいいでしょう。

毎日のように連絡をすれば心の距離も広がっていかないようになると考えるのは、あまりにも危険すぎますよ。

「彼女気取り」の言動を取る

復縁を望む際は、「もう一度一からやり直す」という考えを持つようにした方がいいです。

一度は付き合っていた仲だからと、変に馴れ馴れしく接してしまうと、男性にはイラッとされてしまうはず。

馴れ馴れしいどころか、まるで「彼女気取り」な行動を取られたりしたら、確実に鬱陶しく思われてしまいます。

束縛をしてきたり、嫉妬心を丸出しにされたりしたら、男性は復縁したい気持ちになど絶対にならないでしょう。

「SNS」を細かくチェックする

別れたあともまだ未練が残っていたら、元カレの普段の行動がとにかく気になるはず。

なので、こっそりとSNSをチェックしたりもするかもしれません。

ただ、元カノに事細かくSNSをチェックされていることに気づいたら、男性は確実にドン引きするでしょう。

「いいね」や「コメント」を残したりと、SNSを見ている形跡を残してしたりすると、ストーカーっぽい印象も持たれてしまうので、気持ちはより一層離れていくだけですよ。

しつこく「謝罪」ばかりする

やり直してほしいからと、とにかく謝り続けるというのは、あまりいい印象を与えません。

「私が悪かったから許して」とか「悪いところは全部直すから」、「本気で反省しているから」などと言われても、重荷に感じるだけ。

謝ればいいというものではないですし、根本的なものが解決できていないままでは、男性も「もう一度やり直してみよう」という気持ちにはならないはず。

別れた直後にすがるような言動を取ってしまうと、男性の気持ちはどんどん冷めていくものですよ。

おわりに

「ヨリを戻したい」という自分の思いだけをぶつけ続けたりすると、男性には恐らく引かれてしまうでしょう。

ちゃんと一度冷静になって、少しずつまた信頼を回復していくことが大事なはずですよ。 

(山田周平/ライター)
(婚カツ編集部)