遠距離恋愛に負けないカップルになる3つの方法

彼が他県に異動が決まって、遠距離になってしまう。

そんなカップルはいませんか?

遠距離って気軽に相手に会えないので、「長続きしづらい」と聞きますし、関係が続くか不安になってしまいますよね。

でも、すでにカップルで関係が出来上がっているなら、あとは遠距離のコツさえ意識できれば、続きやすいのではないでしょうか?

今回は、遠距離が決まっているカップルに向けた、恋を成功させるポイントをご紹介します。

1:相手に夢中になり過ぎない

遠距離は会いたくても会いに行くのが難しいため、恋をするには一見不利な状況ですよね。

そのため、相手と四六時中LINEでやり取りをしていないと気が済まない……。

そんな状態では、遠距離を乗り越えるのはちょっと難しそうです。

もし、あなたがそうした状態にあるなら、遠距離をきっかけに自分の時間をもっと大事にしてみては。

仕事、趣味、友達付き合いと、恋愛以外にも楽しいことってたくさんありますよね。

仕事でキャリアアップを狙ってもいいでしょうし、ひとり旅に出かけてみてもいいでしょう。

毎日が充実すれば、恋人が傍にいなくても寂しくなりづらく、彼のことで頭がいっぱいになることを防げるはずです。

その様子に彼も刺激を受けて、彼自身ももっと生活を充実させようと思うのではないでしょうか。

遠距離でも、お互いに切磋琢磨できる恋愛ができそうですよね。

2:連絡をマメに取る

彼と同棲していた、彼と家が近くて気軽に会いに行けた。

そんなカップルの場合、遠距離になった途端、相手の行動が見えなくて不安になってしまうと思います。

遠距離でも今までの関係を続けるためには、お互いに意識ながら連絡をマメに取ることです。

とはいえ、スマホを肩身離さず持つ必要はありません。

例えば朝起きたら、はたまた仕事がひと段落したら、LINEを送るとか。連絡の取り方が習慣づけば安心ですし、連絡無精の彼もストレスが溜まりづらいでしょう。

また、恋愛は遠距離だろうと、近距離だろうと、ひょんなことから気持ちのすれ違いが起こりやすいです。

マメに連絡を取れれば、遠距離でもすれ違い防止に役立つので、お互いに意識して連絡を取り合えるといいですね。

3:ひと回り成長した自分を見せる

遠距離恋愛は、デメリットだけではありません。

付き合いが長くなってくると、ふたりの関係はマンネリになりがちですが、遠距離の場合は関係を盛り上げるいいスパイスになります。

例えば気軽に会えないからこそ、久しぶりに会う感動は一塩ですよね。

ですので、彼に会う際は、ひと回り成長した自分を見せたいところです。

恋愛依存になりがちの女性は、遠距離をきっかけに自立心を養うとか。

甘えがちで彼に頼りっぱなしだった女性は、頼もしさを身に付けるとか……

あなたのしっかりとした姿に、彼も次第に結婚を意識するようになり、案外ゴールインが近いかもしれませんよ。

おわりに

遠距離恋愛と聞くと、悲観的なイメージが持たれがちですが、遠距離というポイントをどう捉えられるかは、ふたりの考え方次第です。

遠距離をふたりの関係に役立てて考えられると、距離を乗り越えることができるのではないでしょうか。

(柚木深つばさ/ライター)
(婚カツ編集部)