離婚歴がある男性に共通する3つのいいところ

3組に1組は離婚しているという現代社会…出来ることなら自分は離婚の経験をしたくない!と思うことでしょう。

でも、社会に出れば以外と多いのが“バツイチの男性”。

なんでこの人が離婚しているの?と思うほど素敵な男性だっているんです。

そこで今回は、なんとなくマイナスイメージのある離婚歴のある男性…いわゆる“バツイチ男性”に共通する良いところを3つ挙げていきたいと思います。

実際に離婚経験のある男性とお付き合いをしている女性の意見も参考に、彼氏候補選定にチェックしておきてくださいね。

仕事や趣味に対しての理解がある

共働き世帯が増えていますが、女性が働き続けるということは簡単ではないのが今の日本社会です。

結婚して妊娠、出産…と、様々なライフイベントで仕事を続けられる人はごくわずか。

そんな現状で、趣味を長く楽しみ続けるのも難しいのですが、離婚歴のある男性は女性のこういった不自由な面にとても理解があります。

「彼は結婚生活3年を経験したバツイチ。働くわたしのことを責めないし、結婚したあとも仕事をやりたいだけ続けられるようにサポートすると言ってくれています。趣味のバレーサークルも続けていて、それも応援してくれています。束縛しないし、大切に扱ってくれています」(30代女性・薬剤師)

交際し、結婚までいったとしても自分の趣味や仕事を大事にできる環境にしてくれるというのは、とても嬉しいことですよね。

女性側に多くを求めてこない

家事や育児を女性に押し付ける男性は少なくありません。

共働きだとしてもそれは同じ。なぜか女性のほうが家事の負担が多くなってしまいがちです。

しかし、結婚生活を経験しているバツイチ男性は、そういった部分で女性側に多くの負担を求めてこない傾向があります。

「同棲をはじめてもうすぐ半年経ちますけど、彼は率先して家事をやってくれます。気付いたら掃除機をかけていてくれるし、洗濯も済ませている。食事はわたしがやっているけど、それ以外のことはなにも言わずにやってくれるからストレスがありません。これなら結婚しても大丈夫そうだと思っています」(30代女性・金融関係)

女性にあれこれ言ってなんでも家事をさせる男性とは大違いですね。

生活力や経済力がしっかりある

結婚生活を一度経験しているとあって、生活力の高さが期待できるといいます。

また、経済的にも自立していることもあって、意外とバツ有男性って人気なんだとか!

「家事が出来ない男性っているけど、彼は違う。てきぱき家事をこなすので、同棲していて助けられていることの方が多いです。離婚歴があるし子供もいて、養育費の支払いもあるみたいだけどお金のやりくりもしっかりしていて経済力があるから安心できます」(20代女性・会社員)

生活をしていくうえでの基本的な能力が備わっているので、結婚してからの生活も安定したものが望めそうです。

おわりに

なんとなく倦厭しがちなバツ有男性ですが、実が魅力満載ということがわかっていただけたと思います。

ぜひ、これからは離婚歴のある男性のことも純粋に一人の男性として見てみてくださいね。

(きえお/ライター)

(婚カツ編集部)