出会って30秒が勝負!合コンでモテる自己紹介のやり方とは

合コンで1番苦手なのがファーストインプレッション……。

つまり「自己紹介」!どのような話をしたらいいか分からずに結局前の人がいったようなテンプレを使っちゃう人や、印象に残らないのが悩みの方もいるのではないでしょうか。

しかし! 合コンでモテるには第一印象を残すことがオススメです。

話す前にリラックス!ニコっと笑顔になろう

人間はなんと、出会って3秒でその人の印象を脳内で決定付けていると言われています。

合コンにおいては自己紹介の冒頭であなたのイメージが決まると言っても過言ではありません。

メラビアンの法則によると、人間のコミュニケーションの3要素(言語情報、視覚情報、聴覚情報)のうち、視覚情報を最も重要視するそうです。

つまり、笑顔を見せることで明るい印象を残せるでしょう。

話し方はゆっくり、声は大きく

自己紹介が苦手!恥ずかしい!という人は、基本的に早口になってしまいがち。

ゆっくり話すほうがおっとりした女性の印象を与えられます!

また、声が小さいのはNG。全員に聞こえる声のボリュームを意識してください。

聞こえなかった場合「まあ、いっか」と流されてしまい印象に残らないので注意しましょう。

見た目からは分からない意外な趣味を言ってみる

趣味を少し紹介するのも良いでしょう。

しかし、あまりにも語り過ぎると長くなってしまうし、あとで聞かれたりもしなくなります。

親近感のあるみんなが広く知っている趣味を挙げると良いでしょう。

また、趣味でギャップを付けるのも効果的。

例えば、可愛らしい女性が「柔道の黒帯を持っています」や、クールな女子が「最近、料理に目覚めて自炊しています」なんて、グッときませんか?

友人の自己紹介をサポートしてみる

他己紹介も印象づけの一つの手法。

自己紹介が苦手そうな友達に「○○ちゃんはこう見えてスポーツが得意なんだよ!」とか友人をほめるようにしてみましょう。

友達も、自分も印象に残って一石二鳥♪

※友人がいじられキャラだとしてもけなす様な事は言ってはいけません。性格の悪い女に思われます。

合コン自己紹介の極意:短い言葉で印象づける

女性陣からの反感も買わず、男性の印象に残るには30~1分くらいで自己紹介をスパッと!終えるようにしましょう。

印象付けたいことなどを抑揚を付けて話すのも良いですね。

早速、次の合コンで実践してみましょう。

(婚カツ編集部)