マナー違反していない?結婚式で気を付けたいマナーとは

20代~30代になると、結婚式に出席することが増えますよね。

結婚式でのマナーをわかっていないと、自分が恥をかくだけでなく、招待してくれた新郎新婦にも、恥をかかせてしまうことになります。

そこで今回は、結婚式で気を付けたいマナーをいくつかご紹介していきます!

服装について

結婚式に参列する時の服装には、いくつかのタブーがあります。

白い服装

これは有名ですね。白はウェディングドレスと同じ色なので着ないようにします。

また、薄いベージュも、光の加減で白に見えることがあるので、控えたほうが良いでしょう。

肌の露出が多い服装

肩が出る、ミニ丈のスカートなど、極端に肌が見えるようなドレスは選ばないように気を付けましょう。

もし、肩が出るようなデザインのドレスなら、ボレロやショールなど、羽織る物を用意すると良いですね。

カジュアルすぎる服装

コットンなど、フォーマルにふさわしくない素材は避けましょう。

また、ブラウスにスカートというような服装もカジュアルすぎてしまうので、結婚式には向かないですね。

靴やバック等の小物について

靴やバックにも、身につけてはいけないデザインがあります。

オープントゥ(足の指先が出るような靴)

“妻が先に出る(つまさきが出る)”という理由で、オープントゥはNGとされています。

ストッキングを着用し、つま先が出ないパンプスを履きましょう。夏だからといってサンダルや、かかとのないミュール、冬だからとブーツを履くのも、NGです!

爬皮のバックやファーの小物

これらは“殺生”を連想させてしまうことから、お祝いの席では避けたほうが良いと言われています。

今は花嫁さんのドレスにファーを使うなど、昔ほどタブー視されていないようですが、年配の方が見たら「常識のない子」と思われてしまう可能性があるので、気を付けたほうが良いでしょう。

腕時計

腕時計をしていると、「早く帰りたい」という意味合いになってしまう事から、していかない方が無難です。

パッと見、腕時計に見えないデザインの物でも、時計には変わりないのでやめた方が良いでしょう。

テーブルマナーについて

披露宴では、普段食べ慣れていないような豪華な食事がたくさん出てきます。料理のジャンルを選ばずに、覚えておくといつでも使えるのが以下の3点です。

ワインやシャンパンの飲み方

サービス係がワインやシャンパンを注ぎに来ても、手を添えたりグラスを持ち上げたりする必要はありません。

乾杯をする際も、同じテーブルに座っている人とグラスを合わせる必要もなく、胸のあたりまでグラスを持ち上げればOK。

体温で温めないように、グラスの脚を持つと良いでしょう。

ナプキンの使い方

ナプキンは、乾杯が終わり、主賓が広げてから初めてナプキンを手に取ります。

膝の上に乗せるときは、ナプキンを2つ折りにし、お腹側に折り目がくるように。また、中座するときは、ナプキンをたたんで椅子の上か背もたれの部分にかけておきましょう。

そして退席するときには、ナプキンを軽くたたみテーブルの上へ。その際、キレイにたたみ過ぎるのは「料理やサービスに不満があります」という意味になってしまうのでNG。

料理の食べ方

マナーに詳しくない人でも、周りに不快感を与えないようにすることが一番大切ですね。

まずは食器をぶつけたときに鳴るような、カチャカチャする音は出さないようにすること。食べ物は必ずその都度一口大に切って口に運ぶことを心がけましょう。

丁寧に食べているように見えると、多少マナー通りに出来てなくても、良い印象が残りやすくなります。

おわりに

ある程度の年齢になると結婚式のマナーも少しずつ身につけていきたいですね。

基本的なマナーだけでも押さえておくようにしましょう。

(きえお/ライター)

(婚カツ編集部)