当てはまったら要注意!隠れマザコン男の特徴とは

気になる彼のことをいろいろ知りたいのは率直な想いですよね。まだ結婚というところまではいかないけれど、彼と家族、特に母親との関係は気になるところ。

関係が深まった後に彼がマザコンだった、という衝撃の事実を知ることにならないよう、今のうちにマザコン男の見分け方を知っておきましょう。

 親に関する話が母親だけにかたよっている

彼の家は両親共に健在なのに、家族の話となると母親の話しか出てこない…そんな彼はマザコンである可能性が高いです。

「彼のことをもっと知りたくて、家族のことを教えて、と振ってみました。すると、今まで我慢していたかのように喜々として語り始めたのですが、出てくる話題は母親ばかり。お父さんはどんな人?と聞くと適当に流されます。それからは聞いてもいないのに母親の話をしてくるように…」(24歳/ディーラー受付)

母親の話しか出てこないということはそれだけ強い固着があるということ。また、何かにつけて母親に相談する男性も要注意です。

私服に統一感が見られない

「初めてのデートは仕事帰りでお互いスーツでした。次のデートは休日だったので、彼も私服だったのですが、初めて見る私服がなぜか彼に似合わないと思ったんです。その次のデートも、その次も、違う服を着てくるんですが統一性ゼロ。もしかしたら、と思って聞いてみたら、『おふくろに買ってもらっている』と。その彼は下着まで親に買ってもらっていました。」(22歳/営業事務)

働き出して自分でお給料も貰っているのにも関わらず服や下着は母親任せ。しかも、お金まで払ってもらっている男性はマザコン率が高めです。

服装に興味がないということもあるかもしれませんが、大人になっても服や下着の用意は母親がすべき、という考えの男性には気をつけましょう。

何事にも基準が「自分の家」であること

「彼と話していると、よく「ウチではこうする」「ウチの味はこう」といった、どれも自分の家基準になります。あなた、自分の意見はないの?と、家の話が出る度に引いてしまう自分がいます。」(30歳/図書館司書)

彼の口から度々「ウチは」と出ていませんか?

「ウチ」が口癖な男性はかなり注意した方が良いでしょう。「ウチ」というのはすなわち母親ということ。「お母さん」と言わなくても、思わぬところにマザコンの地雷が隠れていたりするのです。

そんな彼と長く付き合いたいなら、「ウチが全て」という思い込みの呪縛から解いてあげなければいけません。

自分の彼がマザコンかどうかは早めに知っておいた方が良いでしょう。マザコンではなく、孝行息子という可能性もあるので、しっかりと見極めて幸せな恋愛をしてくださいね。

(婚カツ編集部)