遠距離恋愛を長続きさせるための3つのポイント

遠距離恋愛は、会えない寂しさや不安でいっぱいになるイメージがつきもの。

そこで今回は、遠距離恋愛を長く続けるコツについてご紹介します!

まめな連絡&ルール決め

遠距離恋愛を長続きさせるためにはお互いの信頼を高めなくてはなりません。

その一番の方法が連絡を取り合うことです。

長文メールをやり取りする必要はなく、「おはよう」「おやすみ」の挨拶であったり、身に起きた出来事などささいなことでも連絡を取り続けることで、離れていても心の距離を埋められます。

また相手のことを尊重することが恋愛を長続きさせることで大切なことですが、遠距離恋愛の場合はある程度のルールを作ることも必要です。

例えば3日に1回は電話連絡する、というものや会う頻度を1ヶ月に1回に決める、などです。お互いの生活が見えない以上、コンタクトをとったり実際に会う機会を設けることで見えない不安も解消します。

彼氏の住む街に一度訪れてみる

実際に彼氏がどんな生活を送っているのか、気になりますよね。遠距離恋愛を始めたら相手の住んでいる街に一度でいいので訪れてください。

遠距離恋愛には不安がつきものです。彼氏の生活を知ることで、なにより自分自身を安心させられます。

また、その時の会話の中で彼氏に嫉妬しないように。彼氏が自分のいない場所で充実した日々を送っていると知れば、余計寂しくなるかもしれません。

ですが、そこはあくまでも肯定的になりましょう。

自分の時間を大切にする!

彼氏に会えない不安から、つい相手に依存しがちに。ですが、依存しすぎるのはお互いを苦しめるだけです。四六時中、遠距離の彼氏のことしか考えられないようになれば要注意……!

会えない時間だからこそ、自分を磨いたり仕事や友人関係を充実させた方が良いのです。自分自身の心のコントロールも大切に。

また彼氏と久しぶりに会えたら、その時間を思いっきり楽しみましょう。会話もネガティブや愚痴ばかりでは一緒にいてもつまらないです。

一緒にいて楽しい、またすぐに会いたくなる、そう思わせることが遠距離恋愛で重要なポイントになります。

気持ちは言葉にして伝えよう

顔をあわせる機会が少ない遠距離恋愛。そのぶん、気持ちを言葉にして伝えることが大切です。

案ずるより産むが易し、という言葉通り、一人で悶々と悩まずに彼氏としっかり話し合うこと。

コミュニケーションを取りつつ、自分の時間を大切にしながら遠距離恋愛を楽しんでくださいね。

(婚カツ編集部)