結婚して「幸せになれる女性」と「幸せになれない女性」の違い

みなさんは、結婚したら幸せになれると思いますか?大体の人の結婚に対するイメージは、やはり「幸せ」ですよね。

結婚式では家族友人みんなが2人の幸せをお祝いしてくれて、その後子供が生まれて幸せな家庭を築く……みたいな。

でも最近は、せっかく結婚をしても離婚を選択してしまう家庭も増えてきていますよね。そう。つまり、みんながみんな「結婚=幸せ」とは限らないのが現実です。

しかもその運命を握るのは女性サイドの考え方や特徴にあるかもしれません。ということで今回は、結婚をして幸せになれる女性と幸せになれない女性の違いについてまとめてみました!

「結婚」の捉え方の違い

結婚とは夫婦2人の問題なので、もちろん仮に幸せになれなかったとしてもそれは女性側だけに原因があるとは限りません。

が、もしかしたら女性側の考え方ひとつでこの不幸を結婚前に未然に防げたかもしれない可能性もあるのです。そもそも結婚とは「ゴール」ではなく、2人で家庭を作り上げる「スタート」に当たるはずです。

でも一部の女性の中では「結婚をしていること」がステータスになってしまい、相手に多少何か問題があったとしても焦って結婚を選択する人がいます。

そういう人は大抵、結婚後に上手くいかなくなってしまい最終的に離婚を選択するケースが多いです。結婚後幸せになる為にはやはり、「この人となら幸せな家庭を一緒に築いていける」と思える男性を選ばなければ難しいですよね。

現実を見ているかどうか

多くの女性は漠然と「結婚=幸せ」と思っていますよね。でも実際はそういうわけではありません。

子育てや家庭問題、介護など色々な事を夫婦で協力して乗り越えなければいけません。

この辺りを一切想像せず、なんとなく結婚すれば幸せになれる!と思っている人は大抵その大変さに後から気付き、準備もしていないので常にイライラしてしまい、結果不幸になってしまいます。

結婚というのを本当にリアルに捉えるのであれば、その先に起こる事象もしっかりと想定した上で覚悟をしなければなりません。

幸せというのは、そういった大変な物事のスキマや終わりに訪れるものなのです。

自信があるかないか


例えば自分の容姿に自信を持っていたり、結婚したら相手は絶対に他の女になびかないとか、結婚したから相手は私を一番に考えてくれるはずとか、そういった根拠のない自信を持っている人ほど現実とのギャップにやられて不幸になる傾向があります。

歳を取れば容姿はどんどん衰えていきますし、あなたより素敵な女性が現れれば男性は簡単に去っていってしまいます。

自信がない人はきちんとそれらをカバーできるように努力をします。その努力をするか、しないかが命運を分けるのです。

おわりに

結局のところ、結婚をしたからと言って手放しで幸せになれるはずがありません。

結婚後の幸せは色々な努力や苦労の先にある物です。まずは結婚の本質を今一度考えた上で、先を見据えて考えることが幸せの第一歩かもしれないですね!

(婚カツ編集部)