シングルマザーの恋愛ってどうなってるの?うまくやっていく3つの方法

最近は、20代30代のシングルマザーもかなり増えています。

シングルマザーだからって、恋愛をしないなんてもはやありえない時代。

ただ、やはり子供がいるということで、普段の恋愛とはまた違った注意しなければならないこともいくつかあったります。

シングルマザーならではのあるあるをまとめてみました。

 

シングルマザーの恋愛①暗黙のルール?

やはり気になるのは、彼氏にシングルマザーであることを打ち明けるかどうか。

これに関しては、隠しておいてよいことはひとつもありません。

「子供がいると分かってしまったら離れていってしまうかもしれない……」不安に思う気持ちもわかりますが、それで離れてしまったら、相手がそこまでだということ。

しっかりと子供のことも考えてくれるような相手なら、彼との結婚も安心して視野に入れられます。真っ先に打ち明けるべきです。

シングルマザーの恋愛②子供のことも考えて

シングルマザーとはいえ一人の女性でもあるということは間違いありません。

ただ、母親と言うことを忘れてはなりません。

彼氏と会っていて家のことが疎かになったり、急にたばこを吸い始めたり、服装が派手になったり……相手の生活に合わせるあまり、子供を不安にさせるようなことがないようにしなければなりません。

また、子供に無理やり彼氏を会せたりなどがないように、まずは子供の気持ちを考えて行動することが大切です。

おうちデートなども、時期を見極めて行うようにする必要があります。

シングルマザーの恋愛③だけどやっぱり自分のために


逆に、母親モードが強くなっているとすべて「子供のために……」といって選択をしてしまう人もいます。

「子供がいるから、恋愛なんてしてはならない」と思う人から、「子供のために父親は絶対にいた方がいい」と焦ってしまう人まで様々ですが、やはり「自分のため」に恋愛をすることも大切です。

もちろん前述のように、子供の気持ちを考えることは忘れてはなりませんが、何もかもを制限する必要はありません。

自分の気持ちに正直になったうえで、しっかりと子供と彼のことを考えられるようにするのが大切です。

シングルマザーだって恋愛したい!

自分と彼だけの関係性ではないため、もちろんハードルもあります。

それでも、誠意に対応すれば時間はかかっても子供は親の幸せを応援できます。自分のために・そして子供のためになるのであれば恋愛はとってもいいものですよね!

今や、シングルマザーに対して「信頼できそう」とか「頼りになりそう」とポジティブに感じる男性も増えています。

シングルマザーだからといって制限をせず、のびのびと恋愛を楽しむべき時代になっています。

(婚カツ編集部)