婚活で絶対やってはいけない3つの高望み

今回は婚活で失敗してしまう女性がやりがちな3つの高望みについて考えてみたいと思います。
婚活 高望み

高望み1:年収

年収を度外視する必要はありません。生活する為には先立つものが必要なのが資本主義の現世です。年収は高ければ高い方が良いと考えていらっしゃる方も多いようです。確かに、それだけ仕事ができる男性であることの1判断材料にはなります。一方、稼ぎが多いけれどもだいぶ支出も多い男性もいらっしゃいます。そうすると生活の豊かさとしてはそれほど高くありません。現在の数字のみに心を揺れ動かされず、将来も見据えて判断していくようにしましょう。
 

高望み2:車・持ち家

車や持ち家を持っているかどうかもとても気にする方が多いようです。

しかしながら、これもしっかり見極めないといけません。車、持ち家があるということは、キャッシュで買っていない場合は借金があるということになります。

今目に見えている彼が持っているモノが本当に将来プラスなのか、将来マイナスとなってくるリスクは無いのかをしっかり判断していかないと、それこそ高望みの縁失いになりかねません。

高望み3:外見・体型

外見や体型はそれ自体というよりは、本当は、メンテナンスができる、つまり自分を律して目標を達成する姿勢や資質があるのかを見極めるためのヒントにすべきです。

一方で、婚活時に、容姿のこだわり過ぎてしまう方が多いようです。ご結婚されて長い御夫婦の方の名言に「毎日見れば慣れる」というものがありますが、確かに心で信頼関係が気づけてしまえば、外見は二の次で良いのかもしれませんね。

また、体型についても、今ムキムキであっても、気を抜くと3年後にはメタボということもありえますので、あくまでもあなたが妻として維持・改善していける範囲内であるということを優先しないと、高望みで終わってしまいます。

おわりに

条件面から入ってしまうとそれはそれで心のパートナーを逃してしまいますし、いつまでたっても条件に合致する男性ができず、婚期を逃してしまうということにもなり兼ねません。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(婚カツ編集部)