確実に守れる女に!知ってそうで知らない結婚式での服装マナー

今まで結婚式に何度か出席した事がある人でも、毎度悩むのが服装。

どのようなドレスを着ようか、また小物はどのような物にしようか……。正しい服装のマナーを、今一度確認しておきましょう!

和装の場合

着物は普段着る機会が少ないので、「結婚式に着物を着て行こう!」とはなかなか思わないもの。

しかし、洋装と違い、和装にはより細かい決まりがたくさんあるので、逆にそれさえ押さえておけば、洋装よりも着こなしの失敗はしにくいです。

黒留袖

主に新郎新婦の母親、仲人夫人、姉妹、叔母など、親族の既婚女性が着ます。

着物は紋の数で格式が決まり、黒留袖は五つ紋で一番格が高い着物です。

色留袖

格は黒留袖と同じです。五つ紋なら正礼装として、三つ紋なら訪問着感覚で着るのに向いています。

黒留袖とは違い、未婚女性でも着れるので、新郎新婦の姉妹が20~30代なら黒留袖ほど堅苦しくなく、格式も守れますね。

訪問着

既婚・未婚を問わず幅広く着れ、一つ紋をつけると略礼装として着ることができます。

付け下げ

こちらも既婚・未婚を問わず幅広く着ることが出来るのですが、八掛(裏地)が付かず、絵羽模様ではないため、少し格が下がります。

しかし、一つ紋をつけると略礼装として格が上がりますので、披露宴やパーティーなど、少しあらたまった場所にも着ていけます。

振袖

未婚女性の第一礼装です。

どんなステキなフォーマルドレスよりも華やかさがありますので、新郎新婦の姉妹で独身であるならば、積極的に着てみてください。親族にも喜ばれることまちがいなし!

ピアス

揺れるタイプの物や長めのピアスは着物には似合いませんので、付けるならなるべく小さめの上品な物にしましょう。

ネイル

派手な色やデザインは爪だけ目立ち過ぎてしまうので避けましょう。なるべく薄い色にするのが無難です。

バッグ

洋装のものと併用しても良いですが、なるべく小ぶりな物がオススメです。

ヘアスタイル

ショートヘアの場合はボリュームのある方がバランスが良いですが、シンプルなヘアスタイルな方が着物に映えます。

ロングヘアでアップにし派手なイメージにしてしまうと成人式のようになってしまいますので、やり過ぎには注意しましょう。

洋装の場合

パーティードレスにもしっかりマナーがあり、間違ったスタイルで行くと、新郎新婦・親族に対して失礼にあたる可能性があるので気を付けましょう。

白系ドレス

真っ白なドレスは花嫁の特権。絶対に避けましょう。また、薄い色合いのドレスも光の加減などで白く見えたりする場合があるので注意が必要です。

ミニ丈、肩だしドレス

極端に露出が多いドレスは新婦よりも目立ってしまい、下品に見えてしまう可能性もあります。丈は膝丈、肩が出ているドレスを着るなら上に羽織り物をすると良いでしょう。

また羽織り物も、テーブルに座ってしまうと上半身しか見えない為、気を付けなければいけません。白に近い色のボレロやストールの場合、座ったときにどのように見えるか、一度確認するのをオススメします。

リクルートスーツ

女性の黒服は、男性よりも不祝儀の礼服だという意味合いが強いです。せっかくお呼ばれされたのですから、華やかなスタイルで新郎新婦の門出を祝いたいですね。

バイカラードレス

おしゃれでかっこよく着こなせますが、フォーマルは単色無地が基本。

また、結婚式でのドレスの2色使いは“わかれる”という意味を連想させ、縁起がよくないとされています。

黒いドレス

黒のロングドレスも黒留袖に続く正礼装にあたります。

ただし、真っ黒なドレスだと不祝儀を連想させてしまうので、ドレスに光沢のあるものや、バックや靴に鮮やかな色・光り物を合わせ、印象を華やかにすることをオススメします。

パンプス

つま先が出るオープントゥの物や、かかとがないミュールではなく、つま先が隠れるパンプスを選びましょう。

ストッキング

正装する場合、露出を避けるためにベージュのストッキングを履くのを忘れないようにしましょう。黒のストッキングを履く人もいますが、喪服を連想させてしまいます。色がベージュなら、すこし光沢のあるものや、ラメが入っているストッキングでもOKです!

バッグ

ファーや爬皮のバックは殺生を連想させてしまうので控えましょう。

おわりに

和装でも洋装でも、しっかりポイントを押さえ、胸を張って結婚式に出席したいですね。

(きえお/ライター)

(婚カツ編集部)